名古屋市の弁護士 森田清則(愛知県弁護士会)トップ >>

相続法改正の記事リスト

相続法改正のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

寄与分と特別寄与料における「特別の寄与」

 改正民法により、相続人の配偶者等の相続人ではない者が、被相続人の療養看護に努めるなどの貢献を行・・・

(2019年6月22日 23:25)

配偶者短期居住権の消滅事由

 改正民法1037条1項及び3項で、配偶者短期居住権が新設されました(令和2年4月1日から施行さ・・・

(2019年6月22日 22:25)

金融機関に対する払戻請求権(改正民法909条の2)の差押え可能性

 改正民法909条の2は、一定の上限を定めたうえで、家庭裁判所の判断を経ることなく、金融機関に対・・・

(2019年6月16日 20:38)

遺産分割前の預貯金債権の行使(改正民法909条の2)が可能な時期

 改正附則5条は,「新民法909条の2の規定は,施行日前に開始した相続に関し,施行日以後に預貯金・・・

(2019年5月26日 17:14)

主な改正相続法の施行時期

 改正相続法の施行時期は,制度の周知期間や準備期間を確保するべき観点から,改正項目に応じて,それ・・・

(2019年5月25日 18:03)

遺留分減殺請求と登記

 不動産の登記名義人が亡くなった場合にどのような相続登記をするかについては,その相続の態様に応じ・・・

(2019年5月22日 11:39)

相続させる旨の遺言がなされた場合の対抗要件具備に関する遺言執行者の権限

 従来、相続させる旨の遺言(特定財産承継遺言)がなされた場合、権利を承継した相続人が単独で登記申・・・

(2019年5月 3日 00:34)

配偶者居住権の成立要件

 配偶者居住権は、①配偶者が相続開始の時に被相続人所有の建物に居住しており、かつ、②⑴当該建物に・・・

(2019年5月 2日 00:37)

相続による不動産承継の対抗要件に関する改正

 最高裁は、いわゆる相続させる旨の遺言(改正民法では、特定財産承継遺言)や、相続分の指定が遺言で・・・

(2019年4月30日 20:59)

相続法改正の経緯

 今年7月に成立した相続法の改正の直接のきっかけは,非嫡出子の相続分に関する最高裁平成25年9月・・・

(2018年12月28日 13:40)

遺産分割前の預貯金債権の行使

 改正民法909条の2は、遺産の分割前に家庭裁判所の判断を経ずに預貯金の払い戻しを認める制度を新・・・

(2018年12月18日 00:22)

特別受益となる贈与が遺留分減殺請求の対象とならない特段の事情

 共同相続人に対する特別受益に該当する贈与は、遺留分侵害についての認識や時期を問わず、遺留分の算・・・

(2018年12月15日 10:50)

配偶者居住権

 相続法改正で配偶者居住権という制度が新設されました。  これまでの相続手続きでは,残された配・・・

(2018年11月28日 20:54)