名古屋市の弁護士 森田清則(愛知県弁護士会)トップ >>

2018年11月アーカイブ

年次有給休暇の時季指定義務

 労働基準法が改正され,平成31年4月から,年10日以上の年次有給休・・・

(2018年11月 1日 14:45)

就業規則に定められた解雇事由は限定列挙と考えるべきか

 就業規則の解雇条項は解雇事由を限定列挙したものか、例示にすぎないか・・・

(2018年11月 3日 18:51)

相殺の充当の規定

 現民法512条は相殺の充当について,単純に弁済の充当の規定を準用し・・・

(2018年11月11日 14:51)

注文者の破産手続開始決定と請負人の解除権

 現行民法642条は,注文者が破産手続開始決定を受けた場合の請負人の・・・

(2018年11月13日 20:49)

労働関係訴訟の実務〔第2版〕第16講「普通解雇と解雇権濫用法理」を読む。

 標記の本は,労働事件の実務を担当するうえで,是非とも参照するべき文・・・

(2018年11月22日 23:11)

秘匿決定事件の審理

 刑事裁判は公開の法廷で行われますが,被害者の氏名等が起訴状朗読,冒・・・

(2018年11月25日 17:03)

配偶者居住権

 相続法改正で配偶者居住権という制度が新設されました。  これまで・・・

(2018年11月28日 20:54)

不動産登記についての相続法改正

 不動産の相続登記について,改正がされました。  もともと不動産登・・・

(2018年11月29日 15:13)