名古屋市の弁護士 森田清則(愛知県弁護士会)トップ >>

2018年8月アーカイブ

賃料増額請求権の法的性質とその効果

 賃料の増額請求権の法的性質はいわゆる形成権と考えられており,当事者・・・

(2018年8月 2日 20:37)

保険の多重契約と契約内容登録制度と重大事由解除

 保険の多重契約がなされていた場合、改正保険法により導入された重大事・・・

(2018年8月 2日 23:04)

債権者代位行権行使時に債務者の管理処分権が制限されないことの意味

 改正民法423条の5は、債権者代位権が行使されても、被代位権利につ・・・

(2018年8月 2日 23:27)

不法行為に基づく損害賠償請求権を受働債権として相殺が許容される場合

 改正債権法509条1号及び2号は、悪意で加えた不法行為に基づく損害・・・

(2018年8月 3日 00:20)

受託者の相続についての整理

 信託法56条1項1号は、受託者の死亡を信託の終了事由と定められてい・・・

(2018年8月 4日 12:03)

休日に8時間を超える労働をした場合の賃金の割増率

 労基則20条1項は,時間外労働が深夜労働と重なる場合には,重なる労・・・

(2018年8月14日 15:39)

事業場外みなしの適用が認められた場合の労働時間

 事業場外みなしの適用が認められた場合(労基法38条の2「労働時間を・・・

(2018年8月15日 10:25)

所定労働時間が法定労働時間を超える場合の割増賃金の単価

 割増賃金は、「通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額」に割増率を乗・・・

(2018年8月18日 12:18)

退職後の時間外手当の遅延損害金利率

 時間外労働に基づく賃金請求権(いわゆる時間外手当)の遅延損害金は,・・・

(2018年8月18日 18:34)

刑事控訴審実務の参考文献

 名古屋で刑事事件を扱っていると、控訴審の弁護を担当することもありま・・・

(2018年8月20日 00:38)

FAX誤送信対策

 弁護士業界(対裁判所,対検察庁を含む。)では,FAXで書面のやり取・・・

(2018年8月20日 21:19)

他人に強要(強制)されて犯罪行為を行った場合の法的性質

 他人に強要されて犯罪行為を行った場合には,刑法37条1項本文の緊急・・・

(2018年8月25日 16:40)

抵当権の被担保債権が免責許可決定の効力を受ける場合には、当該抵当権自体が民法167条2項所定の20年の消滅時効にかかる(最高裁平成30年2月23日判決)

 判例タイムズ1450号40頁で紹介されています。  最高裁は、「・・・

(2018年8月26日 22:23)

基本給と区別して支払われる定額の手当の支払により労働基準法37条の割増賃金が支払われたということができないとした原審の判断に違法があるとされた事例(最高裁平成30年7月19日判決)

 定額残業代ないし固定残業代に関する最高裁の新判例です。  最高裁・・・

(2018年8月27日 15:05)

医師の固定残業代の有効性を否定した最高裁平成29年7月7日判決の差戻し控訴審東京高裁平成30年2月22日判決

 労働判例1181号11頁で紹介されています。  結論として明確区・・・

(2018年8月29日 00:04)