名古屋市の弁護士 森田清則(愛知県弁護士会)トップ >>

2019年5月アーカイブ

商人間の留置権

 商法521条は、商人間における特別の留置権を規定しています。  ・・・

(2019年5月 1日 21:51)

配偶者居住権の成立要件

 配偶者居住権は、①配偶者が相続開始の時に被相続人所有の建物に居住し・・・

(2019年5月 2日 00:37)

相続させる旨の遺言がなされた場合の対抗要件具備に関する遺言執行者の権限

 従来、相続させる旨の遺言(特定財産承継遺言)がなされた場合、権利を・・・

(2019年5月 3日 00:34)

違法な仮差押えによる逸失利益の損害を否定した最高裁平成31年3月7日判決

 原審は,以下のとおり判示して損害賠償請求を一部認めていました。 ・・・

(2019年5月 6日 15:10)

仲立人の氏名黙秘義務と介入義務

 商取引においては、商人が氏名や名称を黙秘する必要性がある場面が想定・・・

(2019年5月 7日 23:39)

名義貸与の依頼を承諾して自動車の名義上の所有者兼使用者となった者が運行供用者に該当するとされた事例(最高裁平成30年12月17日判決)

 自動車損害賠償保障法3条の「運行供用者」は、「運行支配」と「運行利・・・

(2019年5月11日 22:41)